ユニ・チャームが第3四半期業績や自社株買い、インドネシア子会社の現地上場を発表

 11月5日11時30分に発表されたユニ・チャーム(銘柄コード・8113)が発表した第3四半期実績(IFRS基準、2018年1月1日から9月30日)は、売上高は4981億15百万円、コア営業利益758億8百万円、税引前四半期利益739億5百万円、四半期利益524億75百万円、親会社株主に帰属する四半期利益は470億86百万円となりました。

 対前年同期比で、売上高は7.0%、コア営業利益13.8%増、税引前四半期利益10.4%増、四半期利益が8.9%、親会社株主に帰属する四半期利益は7.9%増となり、売上高は前年とほぼ同じ伸び率となる一方で、利益面は四半期利益が前年の36%増から8.9%増となるなど前年同期比より鈍化しました。

 コア営業利益は、日本事業が0.3%減益となる一方で、中国やタイ、インドネシア等のアジア事業での収益性が改善して44.3%増加し、米国やサウジアラビア、ブラジル、オランダが対象地域の「その他」方面も6.8%伸びました。

 日本では、ベビーケアの越境ECが高成長を継続し、中国はフェミニンケア事業が主要都市を中心にエリアを拡大し、効率的なマーケティングが功を奏し、ベビーケア事業は継続した輸入品紙おむつへのマーケティング投資の効果があったようです。

 また、第3四半期と同時に、上限550万株・155億の自社株買いやインドネシア子会社PT Uni-Charm Indonesiaのインドネシア証券取引所への上場を発表しましたが、日経平均の下落もあり、前場終了の11時30分時点におけるユニチャームの株価は前日比61円安の3059円となりました。クレジットカード お金借りる

ユニ・チャームが第3四半期業績や自社株買い、インドネシア子会社の現地上場を発表

東京国立博物館で開催されている「縄文ー1万年の美の鼓動」に行ってみたいです。

テレビで、東京国立博物館で開催されている「縄文ー1万年の美の鼓動」が特集されていました。私は国宝になっている土偶「縄文のビーナス」が好きです。以前に初めて「縄文のビーナス」を展覧会で見て、その素晴らしさ、美しさに惹きつけられました。ショップで「縄文のビーナス」を模したぬいぐるみが販売されていて、買ってきてしまったことがあります。今でも私の部屋に飾ってあります。その国宝となっている土偶をはじめ、土器などが紹介されているそうです。テレビでは、展覧会を担当する学芸員さんが、展示作品を分かりやすく説明してくださっていたので、さらに縄文時代に作られた土器や土偶の凄さが伝わってきました。一万年にもわたって続いてきた時代だからこそ作られた縄文の美。テレビで見るだけでなく、実際に会場に行って、その美にふれてみたいと思いました。またミュージアムショップで販売されているグッズがとても気になっています。展覧会に行くと散財してしまいそうですが、時間を見つけて足を運んでみたいと思っています。脱毛ラボ 体験談

東京国立博物館で開催されている「縄文ー1万年の美の鼓動」に行ってみたいです。