最近の日課である健康法についてのブログ記事

最近は、年齢を重ねてきたせいもあり、ひとつ日課も兼ねて、お散歩とホットヨガを始めて見ました。効果はそれなりにある気がしています。
契約制になっているので、毎週それほど無理のない程度に予約を入れて、頑張って通っています!が、元々運動が苦手インドア派な私にとっては
そんな軽めの初歩のヨガみたいなモノでも、なかなか大変なモノがあり、ヨガのインストラクターの先生に手ほどきを受けながら必死にレッスンに挑んでおります!
でもとても楽しくて仕方がないです。以前は普通のヨガを習っていてヨガのインストラクターもやってみようかと思っていましたが途中で断念。
今のホットヨガでも通ってそれなりに技術みたいなモノを習得できれば、のちのち指導者としてもやっていけるー?ような事を書いてあるのですが
そこまで頑張れるかな??今、とりあえずは地道に少しずつ通うと言う事、運動不足解消の為に頑張っています!
少しでも体重が減ったりスタイルアップに効果が出てくればいいなあと願いながら…地道に続けて行きます。http://www.br-guadeloupe.com/yoyakumatome.html

最近の日課である健康法についてのブログ記事

春の初かつおと秋の戻りかつお、どっちが好み?

かつおの旬には、春の「初かつお」と、秋の「戻りかつお」とがあります。
餌を求めて北へ移動するかつおを「のぼりかつおと」呼び、特に4月から6月頃ののぼりかつおは「初かつお」と呼ばれます。
初かつおの魚肉は、脂が少なく赤々としていて、あっさりと淡白な味わいです。

北の海で栄養を蓄えたかつおは、9月頃から南下してくるため「戻りかつお」と呼びます。
戻りかつおは、脂がたっぷりとのっているため「脂かつお」や「トロかつお」とも呼ばれています。
そのもっちりとした食感が、秋の味覚として好まれる理由です。

かつおの刺身は、刻んだネギやミョウガを薬味としてたっぷりかけて、生姜醤油やニンニク醤油で頂くのが王道です。
かつおの表皮を藁やバーナーで炙り、氷水で冷やして作るかつおのたたきは代表的なかつお料理です。
もみじおろしにポン酢をかけて食べると良く合います。

かつおを捌いた後に残る頭や背骨などのアラは生臭さが気になりますが、水から茹でてひと煮立ちさせたら水を替え、ネギと生姜を加えた新しい水で煮込むことで臭いを軽減できます。
そこに細かく刻んだネギを加えれば、かつおのアラ汁が完成です。
是非、旬のかつおを食べ比べて、どちらが好みか確認してみて下さい。

春の初かつおと秋の戻りかつお、どっちが好み?