ハチが部屋にはいり、それを外に出すことができました

窓を開けると、そこにはちがついていたのでしょう。ミツバチの大きいのがいました。羽根尾都に驚き、急いで、よその部屋に行かないように、扉を閉め、窓を開けました。ありがたいことに出て行ってくれたので、助かります。時々、冷静を失って、はちを追い出そうとするあまり、部屋の仕切り度をしめるのを後回しにして、虫が、ほかの部屋に行ってしまうということが多いです。これだと、本当に、あとになってさがすことができません。何度も、経験し、今回だけは救われました。
冷静になること。なんでもそうですが、人の知恵がないとそれもできません。一人では、知恵はつかないのです。教えるって、大切です。自分が体験した時にわかることですから。ほっておいて、出来ることなどひとつもありません。何度も失敗して、やっと、覚えるのです。
でも、意地の悪い人は、わざと自滅するように罠をかけたりするので、生活しづらいです。どうしてするのか、教育です。

ハチが部屋にはいり、それを外に出すことができました