私の心のなかで盛んにきらめく、燃えるような情念

「たまに、この世界で生き抜くには財力が物を言うことが起こる。紛れも乏しい事実だが、しかし——」
わたしが諦めていたその時、協議室の間の時だけが一時きちんと止んですような気がした。
「わたしは以前のあなたの字、戯言ではないと信じています」
わたしははからずも半身を起こした。
「ユーザーを採択行う」
途端に目頭が激しくなり、嬉々として込み上げてくるものがあった。
「正直に喋ると、あなたの字、非常に響き、一言最初句胸に刻み込まれました。自身は社会に出ると、知らず知らずに無理をするような生き物だ。しかし厄介をやめて欲求を捨て去ったシーン、本当のハピネスをつかみ取り去ることができるのかもしれませんね。そして、あんな嘘偽りのないバイタリティもまた、世渡りを営んで出向く上で必要不可欠です」
いまや採用担当者の面構えからは先刻までの不穏な陰翳は消え失せていた。
「それから——」
人事は手持ちのファイルに挟み込んであったレターの感じをわたしに向けて新たに差し出してきた。

私の心のなかで盛んにきらめく、燃えるような情念