フレアについてと磁気あらしなどについて習得

お天道様などについて修練しました。Ha線でお天道様を実測すると、黒点に間近いとある限られた限度の彩範疇がやにわに明るくきらめくことがあります。この現象はフレアとよばれ、最初は細いパーツではじまり日数とともに、その面積が広がって明るさも付け足し、先々面積も明るさも間もなく減ってもとの状態にもどります。フレアは、お天道様コロナの片隅が急きょ1000万〜5000万Kに熱せられ、こういうこと発生した高速の粒子や熱時間が彩範疇を加熱して明るく輝かせHa線の以外、強い紫外線やX線を生み出す事態だ。フレアの偶発には、お天道様外見の磁場の変容が関係していると考えられています。フレアが発生すると高速の荷電粒子の流れであるお天道様そよ風が強くなり、1〜数日後に地球の磁気圏も影響を受け、地磁気の一時的な変容が起こります。これを、磁気あらしといいます。オーロラは、そういったこと高緯度地方でそれほど出現します。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。http://www.imacsindonesia.com/musee-senaka.html

フレアについてと磁気あらしなどについて習得

まさかの返り咲き!ミニトマト執念の復活劇

次男が夏休みの前から大切に育ててきたミニトマト。たくさんの実をつけてくれる度にサラダに入れて、みんなで感謝して食べてました。
でも、夏休みの終わる頃には部分的に枯れ始め、実も取れなくなってきたのでそろそろ片付けなきゃな…と思いつつ、面倒くさくて玄関に置き去りにしてました。
ところが、次男と鉢を片付けようか!と重い腰を上げた時に見つけてしまったんです。小さいながらに青い実が1つなっているのを。
さすがに次男も驚いて、だけどとても嬉しそうでした。
本当に玄関に置き去りで、時々軽い雨が降ったくらいで誰も水やりもしてないのに…なんて頑張ってるんだろう。と思わず感動してしまいました。
その日以来、次男は毎日水やりの時に小さなミニトマトに話しかけ、とても大切にしてきました。
すると、1つしか実のついてなかったミニトマトが数日後には複数の実をつけるまでに復活しました。
真夏に比べると日のあたりも悪く、成長ペースはゆっくりですが順調にそれぞれの実は大きくなりつつあります。ちゃんと赤くなるのかな?とか不安はあるけど、これからが楽しみです。ミュゼ 足 脱毛

まさかの返り咲き!ミニトマト執念の復活劇